通販はキャッシュレスに向いている販売形態

通販は実店舗での買い物と違い、販売者と購入者が直接対面をしません。
そして注文してもすぐに商品は届かず、配送会社を利用して商品が届けられます。
そして通販の最大の特徴の1つは支払方法となります。
実店舗での買い物の場合は購入者が販売者に対して直接お金を渡すことができますが、通販の場合はそれができません。
そのため通販での支払い方法の基本はキャッシュレスとなります。
具体的にはクレジットカードがメインとなり、その次に日本では銀行振り込み先払いとなります。
そして日本での実店舗で一番のメインとされる現金支払いは、代金引換という形で実現しています。
この代金引換は配送会社の人が代行で現金受け取りを行うこととなります。
配送会社の人が販売者の代行をしているので、当然手数料というのがかかります。
その手数料は日本では最低税抜き300円で、現在は消費税8パーセントなので324円になります。
なお外国の場合はこの代金引換が利用できない国のほうが大半を占めています。
そのためこの通販は現金主義者にとっては利用しにくい販売形態で、欧米の多くの国のようにカード支払いがメインの国、あるいはカード主義派に向いている販売形態ともいえます。

Copyright© 通販 All Rights Reserved.

通販はキャッシュレスに向いている販売形態